生活費サポートの種類や内容・申請方法

生活費をサポートしてもらう?種類や内容・申請方法について

一人暮らしのピンチに、公的融資を活用

就職したのはよいが初回の給料を得るまでお金がない。今月の給料を落としてしまって生活費が無い……。そんなどうしようもないと諦めてしまうような時でも、市役所や区役所で補助を受けられる公的制度があります。今回紹介するのは、緊急小口資金貸付制度と呼ばれるもので、なんと無利子で貸付を受けることができます。民間の消費者金融やクレジットカードを利用するよりもよっぽど安全で安心ですね。

 

緊急小口資金貸付は生活福祉資金貸付の種類の一つで、他にも高校や大学などの学校に就学するための教育支援資金や、居住用不動産を担保として生活資金の貸し付けが可能な資金もあります。長期間に渡って貸付を受けることが出来るものもありますので、場合に応じた利用ができます。

 

申請するために、まずは最寄りの役所で相談しましょう。資金の融資は世帯に対して行われるため、家族の状況や収入によって必要となる書類が変わってしまうことがあります。また、都道府県、市町村によって審査の基準が異なりますので、できればインターネットで各自治体のサイトをチェックすることをおすすめします。資料の準備に手間取って申請が遅れた……などといったことが無いように!

 

また、この制度は地震や火災などに被災した場合にも適用されることがあります。その場合は特例措置として審査が緩和されたり、返還までの猶予期間が伸びたりすることがありますので、こまめに厚生労働省のサイトをチェックするといいですね。

 

⇒生活費が足りない時はカード現金化サービス